埼玉県の防犯カメラ設置事情

埼玉県の防犯カメラ設置事情

最近は胸が痛むような犯罪も増えていますね。
本当に悲しい事件が多いです。
ニュースを見ても、痛ましい事件が日々報道されています。
事件から日が経つにつれ、よく耳にするのが「防犯カメラ映像」を確認した結果、という話。
近年、事件事故を未然に防ぐため、そして、何かが起こってしまったとしても防犯カメラに残った映像を手掛かりにすることもよくありますよね。
大きな報道されるニュースだけではなく、自宅前の駐車場に防犯カメラを設置して、自家用への落書きの犯人が分かったなんてことも多いです。
埼玉県でもエレベーターの防犯カメラ設置の映像から、不審者の特定ができて、子供たちの安全管理ができたという胸をほっとなでおろす話もありました。
埼玉県での防犯カメラ設置の実例ももとに、他府県でも防犯カメラを有効活用しようとする自治会も増えています。
マンションの集合ポストで、郵便物が切り裂かれたなどの場合も、カメラの映像を確認すると、その時間に出入りがあった人など、特定することもできます。

埼玉県の防犯カメラ設置について賛否両論

毎日私たちが生活する中で、防犯カメラって様々な場所に設置されています。
マンションにお住まいの方は、毎日通るエントランス、ポスト付近、エレベーターなど、埼玉県だけではなく他の都道府県でも入居される時に防犯カメラ設置個所を確認されたことはありませんか。
何もない時には、カメラの存在を意識することはないかと思うのですが、不審者情報やがあったり、車の盗難やいたずらがあったり、事件のニュースなどで、防犯カメラ映像という言葉を聞かれれると、少し意識しますよね。
最近の防犯カメラの映像の解析度は非常に高く、人物の特定も可能のようです。
ただ、録画時間がそれぞれのカメラによって違いますので、防犯カメラ設置だからとカメラの映像に頼りすぎてもいけないようです。

高速道路の通行記録や、近年では駅前や防犯強化の町以外にも、住民の意見を反映した自治会独自で、町の中の要所要所に設置されることも少なくありません。
埼玉県内にもあるようです。
ただ、すべての情報を合わせると、個人の行動が簡単に特定されてしまいますので、賛否両論があることも事実です。

Comments are closed.