よく創業融資の内容を理解しよう

よく創業融資の内容を理解しよう

しかし、創業融資をお願いしても、無条件で会社が請け負う借金を負担してくれるとは思わないでください。
そこを勘違いしないように、正しい知識を持ってから実際に創業融資をしてください。
借金をした時に発生する「利息」とはまた別に、「保証料」という料金が発生するので、それを保証してくれたところに支払う必要が出てきます。
さらに借金を肩代わりしてもらったとは言うものの、会社が抱える借金が全てなくなったわけではありません。
これからは、保証してくれたところに借金を返済していく形になります。
じっくりと話し合いながら、少しずつ借金を返済していく流れになることが多いです。
それでも負担はかなり軽減されますし、まず金融機関からお金を借りれる仕組みはありがたいと思います。
使わない手はないので、よく調べて有効に活用できるようにしましょう。
借金が全部なくなると勘違いしていれば、後から大きなトラブルになります。
意味をはき違えないで利用してください。

Comments are closed.