目黒では粗大ごみは分解して輸出しています

目黒では粗大ごみは分解して輸出しています

海外に必要な部品として目黒では粗大ごみを綺麗に分解して必要なアジアの国に輸出しています。
日本の製品は海外でもとても人気がある為高く需要があります。
どんなに古い物でも海外では現役で自動車や電車が活躍しているのです。
部品を国内であまり生産出来ないアジアの貧しい国ではほとんどの必要な物資を輸入しています。
経済がもっと発展する為には国内で産業の技術を上げる必要があるのでその為には日々他の国からの助けがいるのです。
発展途上国では国を上げて産業の発展に力を注いでいます。
日本からも援助の手が出ています。
衛生的にもまだ未発達な所も多いので、綺麗な水をパイプで通したり風車を使って電力を生む手助けをしています。
目黒でも海外支援のボランティア活動に参加するようになり希望すれば半年間や一年間の長期に渡って海外でボランティアとして活動する事が出来ます。
その際には粗大ごみを利用して作ったアクセサリーやアートを持って行ったりする事もあるみたいです。

Comments are closed.