アニメ声優に求められるものの変化

アニメ声優に求められるものの変化

少女の声をあてていたのが実はおばさんだった、なんてことがよくあった昔と違って、今のアニメ声優にはアイドル的な側面を求められています。

容姿はもちろん良くなければいけませんし、女性の場合には処女性まで求められています。

これはもうほとんどアイドルそのものと言っていいかもしれません。

極端な場合だと、声優がアニメキャラクターの容姿や仕草、表情などを再現しようとしているところもあります。

求められているのは声の演技の上手さだけではないのです。

それだけ現在のアニメにとっては、声優の存在感が重要になっているのでしょう。

実際に人気アニメを見てみると、声優が表に出てライブなどのパフォーマンスを行っていることが珍しくありません。

webラジオやキャラクターのコスプレ、そして歌いながら同時に激しいダンスを踊るという難易度の高いライブを行っているところまであります。

恐らくインターネットによってキャストが表に出やすくなったことが、こういった変化を起こしたのだと考えられます。

アニメにおける声優の演技力の高さ

朝ドラでよくある寒い演技に白けさせられる中、最近のアニメの声優の演技力には時々驚かせられることがあります。

特に泣きや怒声の演技は、感情に迫ってくるものが大きいです。

こんな素晴らしい演技をするのだから、さぞかし熟練の声優が担当しているのかと調べてみれば、実はまだ成人すらしていない若い女性がやっていたなんてことも多々あり驚かされるばかりです。

もちろん新人の段階では酷い棒読み演技(棒読みであることがかえってウケることもありますが)をすることもありますが、そういった人たちも驚くほど速いスピードど急成長しています。

これは恐らくアニメそのものの人気が急上昇していることが要因だと考えられています。

昔であれば深夜アニメなどにハマるのはオタクと呼ばれる一部の人だけでしたが、今では若い女性を含めた幅広い世代に浸透しています。

その結果として声優志望者の競争率が上がって、貴重な才能を持った人材を確保することができるようになったのでしょう。

Comments are closed.