FHF32EX-N-Hについての専門知識

FHF32EX-N-Hについての専門知識

FHF32EX-N-Hに代表される蛍光灯には、1954年頃に開発されたラピッドスタート型蛍光灯があります。

そして、オフィスとか工場では一般的になりました。

その後、2灯用下面開放埋め込み型の蛍光灯が主流となり、1975年頃には、VDT作業が多くなったために、グレアカットルーバーを備えた蛍光灯が流通するようになり、1991年頃には、点灯効率の向上やチラツキ防止目的としてインバータを備えたHf 蛍光ランプが開発されました。

Hf蛍光灯が現在の主流ですが、これを更に改良する努力がなされ、改良されたHf蛍光灯が販売されております。

グローランプを使用する蛍光灯もありましたが、もうこの種類の蛍光灯は、キッチンライトなどFL10W程度の小型製品としてのみ販売、使用されているに過ぎません。

FHF32EX-N-Hに代表される蛍光灯の器具は、寿命が10~15年と考えられておりますが、屋外で10年、屋内で15年が耐用年数であると考えられております。

しかしながら、器具内電線のひび割れ、ソケットの変形、破損、端子台の変形破損を考えると、蛍光灯を点灯させた瞬間に、漏電があったり、発煙や火花の発生があったりする場合には、器具の寿命がきたと考え、器具の交換がお勧めです。

Comments are closed.