あるだけで助かるスライドカーテン

あるだけで助かるスライドカーテン

工場や倉庫の出入口に多用されるスライドカーテンですが、そのほとんどがテント生地で作られます。
その理由は、テントで作ることによっての利点が多いことにあります。
まず、当然ながら場所や形を選ぶことがありません。
そして、設営にもそれほど時間を要しません。
もちろん、量やサイズによって変わりますが、基本的に納期が短いことが選ばれるポイントでもあります。
しっかりとした仕切りを立てると、完全なる防風、防雨、防寒はできますが、その分、コストがかかってしまいます。
出入りが激しい場合は、テント生地のように自由度の高い方が仕事効率アップにもつながります。
実際、開け放たれた倉庫と、スライドカーテンが吊るしてある倉庫とでは、その効果は全く違ってきます。
防風、防雨はもちろんのこと、室内の保温状態もかなり違います。
出入りが頻繁な現場の場合、効率を考えれば開けっ放しになりがちですが、そうなることで、その現場で働く人たちの働く環境が悪くなります。
その現場環境保持の意味でもスライドカーテンは重宝されています。

Comments are closed.