SFの世界を再現?進むレーザーテクノロジーの開発

SFの世界を再現?進むレーザーテクノロジーの開発

SFやファンタジー小説でおなじみのレーザー光線、あなたはどんなものをイメージしますか。
レーザービームやレーザーソードなど人によって思い描くものは様々でしょう。
このようなレーザーテクノロジーは現実世界では実現不可能だと思っていませんか。
確かに今まではレーザー光線が大気中で減衰するため、エネルギーを遠くまで伝えることは困難でした。
しかし、近年のレーザーテクノロジーの発展により、困難だと思われていた遠距離到達も可能にするきわめて高出力のレーザー衝撃波を作り出す技術が開発されました。
既に、通信、溶接など様々な産業分野で1キロワット水準の高出力レーザーが実用化されています。
さらに軍事用では、1キロワット以上から100キロワット程度を目標に開発が進められているようです。
米海軍では近い将来、艦載型のレーザー兵器が実戦配備されるという話も出ているようです。
レーザー兵器は軍事費削減にも寄与するため、今後さらなる開発が進められていくことが予想されます。
レーザーテクノロジーの今後の発展が期待されます。

Comments are closed.