京都で探る賃貸事務所の事情

京都で探る賃貸事務所の事情

京都で賃貸事務所を探すには、まず、ウェブ上で検索をしたり、口コミを参考にしたりします。

そして、エリア別に物件を探していく流れが今流です。

まず、契約の流れはどうでしょうか。

移転計画の確認→事務所物件の選択→契約準備と契約→事務所のレイアウト→移転手続き→新事務所の開設です。

これが一応、京都で賃貸事務所を借りる時の契約の流れになります。

現在、借りている物件との比較を試みます。

事務所面積を大きくするのか小さくするのか。

立地条件の見直しも考慮し、希望条件を満たしているか。

再度、確認しながら、京都で賃貸事務所を探してみましょう。

また、現在の賃貸事務所の解約予告・原状回復などの契約内容も確かめる必要があります。

保証金や敷金の返却(契約内容にもよります)、新しい事務所の移転時期と条件の設定を立ててみましょう。

目安として、事務所の大きさは社員1人につき2.5坪くらいですが、将来的に事業拡大や社員人数の増加を考慮し、広めの事務所を計画する方もいらっしゃいます。

保証金や賃料は最も重要なポイントとなります。

京都に限らず幅広いエリアから探る賃貸事務所物件

京都の賃貸事務所を探す時、出来るだけ多くの物件や幅広いエリアを扱っている不動産会社がお薦めです。

京都を中心に手掛けていますが、大阪や神戸のエリアまで広く対応してくれる方が物件選びや希望条件に沿った物件が見つけやすくなります。

また、その多くの物件に対して、平面図や外観写真があれば、選択しやすいです。

お客様の希望に合った物件を迅速に、賃貸事務所の内見のご案内をします。

内見するにあたり、その賃貸事務所までのルートや交通機関の利便性も物件選択の重要なポイントになります。

必ず、確認した方が良いです。

契約面積やその他共用部(トイレや給湯室など)の面積も実際に自分の目で確認することをお薦めします。

ビルまたは、賃貸事務所の空調システムには、各部屋で調整できる個別空調とビル全体で集中管理をするセントラル空調などがあります。

空調システムの使い勝手や空調費用も事前に確かめる方が良いでしょう。

京都での物件が決定したら、入居申込書をビルオーナーや管理会社に提出後、信用調査を受けて1週間前後で結果がお客様に通達されます。

契約内容を熟読して、納得いくまで確認します。

納得いかない場合は、契約を取りやめることも出来ます。

Comments are closed.