ウィズワンについて調べてみた

ウィズワンについて調べてみた

ウィズワンの正式名称はウィズとワンの中黒が入ります。
本社は南青山5丁目にあります。
主たる事業内容は、注文住宅の設計および施工。
住宅・店舗・事務所のインテリアデザインに関する企画・監理。
そして広告に関する企画・制作の三つです。
建設業、一級建築士事務所あるいは宅地建物取引業といった建築・不動産業に関する認可をうけ、業界有数の団体に加盟をしているきちんとした会社です。
ウィズワンは本社以外に都内に5つのデザインオフィスをかまえています(世田谷区の駒沢と瀬田、渋谷区神宮前、三鷹)。
デザインオフィスとはモデルハウスをいわゆる展示している場所のことで、そこへ行けば、この会社がどういう住宅を設計し、家具やインテリアデザインを企画し、どういうライフスタイルや生活空間を提供してくれるのかがわかるのではないでしょうか。
住宅にしろインテリアにしろ、ほとんどの人々にとっては安い買い物ではありません。
自分の目で見ることが大切でしょう。

住宅の企画設計とウィズワン

住宅を購入するということは、ほとんどの人々にとっては一生に一度の大きな買い物です。
「住宅は芸術である」という言葉がありますが、芸術作品としての住宅に住むことに憧れを強く抱く人もいるのではないかと思います。
ウィズワンの住宅は、そういう人たちのためにデザイン性の高い空間を提供しているようです。
しかし、住宅は今現在のことだけを考えて設計を依頼すると大変なことになります。
もし夫婦であれば、子供は作る予定があるのか、両親と同居する可能性はあるのか、あるいはここを終の住処とするのか、という人生そのもののプランがそこに影響を与えてきます。
ウィズワンでは、そういうさまざまな複合的要素を一つの空間と平面そして住宅という機能の中で解決することを可能にします。
建築家というのは、そういう無理難題を形や空間から考えて考え抜くことで答えを提供する仕事なのです。
お腹の中で働くウィズワンとは
ひとりの施主の人生を背負う仕事をしているのですから、芸術とはいえ自らのエゴを押しつけることは絶対にありません。

Comments are closed.