聖徳大学についてご紹介します!

聖徳大学についてご紹介します!

千葉県松戸市にある聖徳大学は、1933年、学園創立者である川並夫妻のもとに建てられた女子教育に力を入れた大学です。
私の姪がこの度、こちらの聖徳大学に入学したので少しだけ調べてみました。
私自身は共学の大学に通っていた為に、女子大というのは凄く憧れがあります。
聖徳大学では行事や特定の日にしか着ないようですが、制服が用意されていたみたいですね。
大学での制服なんて凄く珍しいですよね。
ただ今では制服は無くなり、上下スーツの様相に変ったと聞きましたが、可愛らしい制服は女性にとってはいつまでも憧れの対象です。
名前の聖徳とは文字通り、聖徳太子の精神からとっているようです。
それは、将来子どもを育てるかもしれない女性達へ、優しい思いやりのある母親になる為、また世界で活躍できる自立した女性を育む為という理念の元に名付けられたようです。
私の姪はこの聖徳大学で児童学科を専攻にし、将来に役立つ色々な知識を得たいと思っているようです。

女子教育の先駆的存在である聖徳大学

今では多くの女子大が存在しますし、女性が真っ当に教育を受けるなんて当たり前だと考えられていますが、ひと昔前までは女性の教育は簡単には受け入れられていませんでした。
聖徳大学はまだ女性教育が軽視されていた時代において、命を産み育てる女性の教育こそが大事であるとし、女性教育に力を入れた先駆的教育機関であると言えます。
聖徳大学では児童教育や音楽教育といった学問を重心的に学べるという事から、その道に就職したいという人にとっては学びやすい大学で、特に音楽教育分野では私立の一般大学であるにも関わらず、音楽が専門的に学べるという事と、また音大と比較すれば学費も抑えられるという理由も影響し、非常に人気の高い学部であるようです。
私の姪も聖徳大学で児童学科を専攻にするという事で、入学する前の今からやる気がみなぎっているようです。

将来的には幼稚園の先生になりたいと話している姪の未来を、今から私も楽しみにしています。
大学でたくさん学んで欲しいものです。

Comments are closed.