教訓からマンホールトイレ

教訓からマンホールトイレ

過去の震災から学ぶことは大切な教訓として次の災害時にも大きく活かされてきました。
マンホールトイレもその1つです。
そのキッカケは日本で起こった大震災のうちでも特に有名な阪神淡路大震災であると考えられています。
若い人でも1度はその被害の大きさを写真等で目にしたことがあるでしょう。
あの大震災により多くの方が亡くなりました。
しかし一命をとりとめた方にも過酷な避難所環境が待っていました。
震災における避難所の問題の中でも大きな課題となるのがトイレの問題です。
現代の日常では水洗トイレが欠かせません。
汚染水処理施設で適切に処理される仕組みがあることで臭いを抑え、衛生環境を保つことができます。
しかし、大震災が起こると水環境は一気に劣悪なものとなります。
人間の生命に欠かせない飲み水は早急に被災地に届けられますが、大人数が集まる避難所におけるトイレ環境の整備は遅れやすいのが現状でした。
そうした問題を解決するために提案されたのがマンホールトイレです。
いざという時のためにまずはこの単語について勉強してみましょう。

災害時にマンホールトイレ

マンホールトイレは災害時に下水道管路のマンホールの上に簡易なトイレ設備を設け、使用するものです。
今地方自治体ではもしものときのために設備の普及が求められています。
この設備は過去の大震災の際にトイレ環境が劣悪だったことから、その状況を改善するために開発されました。
そもそも、トイレ環境が劣悪だと避難所にいる被災者にどんな悪影響があるのでしょうか。
まずトイレの衛生環境が整っていないと、不衛生のために被災者の間で感染症が広まる可能性があります。
また、トイレが汚いために排泄行動を我慢する人が出てきます。
そのように排泄を我慢すると体に大きな負担がかかり特に年配の方は新たな病気を発症してしまうリスクが高まります。
こうした問題に対処するためにマンホールトイレという設備ができました。
各自治体でいざとういときの備えが進められていますが、予想外の人数が避難所に集まり対処が追い付かなくなることは珍しくありません。
少しでも今後のトラブルをなくすために万全の備えを望みたいですね。

マンホールトイレに頼るべからず

ニュースで大地震の予想シミュレーションを観たことはありますか?日本という地震大国ではいつ大地震が起き甚大な被害を被ってもおかしくありません。
そのために国および各市町村では避難所の整備や、物資の備蓄など災害時のために様々な備えを行っています。
マンホールトイレもその1つです。
災害時には水不足や排水管のひび割れなどで水洗トイレが使えなくなることが予想されます。
そのために開発された設備です。
しかし、公共機関が備えの全てをカバーするのには限界があります。
ゆえに私たち市民1人1人が普段から自分のために食料品の備蓄等の備えを怠ってはいけません。
マンホールトイレの利点を調べる
もちろんトイレもある程度の期間のためになら自分で備えておくことができます。
現在では携帯トイレや簡易トイレなど一般の方が防災リュックに入れておけるように多くの製品が開発されています。
マンホールトイレは水が使えない場合に有効的とされていますが、それだけに頼るわけにはいきませんから、自分のための備えを自分で行うように心がけましょう。

Comments are closed.