ワンランク上の保育士になるメソッドが聖徳大学には、ある

ワンランク上の保育士になるメソッドが聖徳大学には、ある

聖徳大学の卒業生がこぞって口にするのが、「本気で保育士になりたいための大学」「校則や礼儀には厳しいが確実に自分の為になった」「ワンランク上の保育士になる環境が揃っている大学」といった言葉です。
聖徳大学は幼稚園から大学まで一貫教育をモットーとする女性総合大学ということもあり、どうやら周囲の大学と比べ授業カリキュラムや講座内容のハードルが高いようです。
一番よく声が上がるのがピアノが厳しい、4年間みっちり仕込まれる、というもの。
保育士になるためのピアノや外遊びなどといった実習が充実。
実践的な学びができることが最大の強みだそうです。
また実習のための施設や環境が完備されており学生は聖徳大学の設備施設に不満をいうものはほとんどいないとのこと。
座学では学べない本場のメソッドを4年間かけてしっかり身につけることができるのが最大の魅力です。
学生一人一人の人間教育にチカラを注ぐ聖徳大学だからこそ、より高みを目指す学生に応える環境を提供できるのです。

Comments are closed.