知っておきたい!コーポレートアドバイザーズの事業内容

知っておきたい!コーポレートアドバイザーズの事業内容

オフィスビルが立ち並ぶ東京都港区の都会的なエリアにオフィスを持つコーポレートアドバイザーズは、個人ならびに法人向けに会計・税務を主としたサービスを提供する税理士法人です。
事業所は港区の本社を含めると、大阪本部・支社、千葉、横浜と全部で5つあり、多種多様な業態の顧客に対して相談・支援を行っています。
サービスは会計・税務のみならず、M&A仲介・コンサルティング、株価算定や財務調査などのファイナンシャルアドバイザリーサービス、他にも相続に関する相談や税務に関するセカンドオピニオンなど幅広い分野で個人・法人をサポートしています。
豊富な経験やノウハウを持つ公認会計士や税理士、その他さまざまな資格保有者が社員として多数在籍しており、どの分野においてもまんべんなくスピーディーに対応できるのが魅力のひとつです。
経験と実績のあるコーポレートアドバイザーズでは、法人では上場企業70社を含む約1,500社以上、個人では約2,000にも及ぶ顧客数を誇り、国内だけではなく海外にも顧客の幅を広げています。

コーポレートアドバイザーズの経営理念とは?

2016年現在で創業14年目を迎えるコーポレートアドバイザーズの代表取締役は、若くして公認会計士の資格を取得、監査法人や会計事務所を渡り歩いたのち個人の公認会計事務所を立ち上げ現在の事務所の代表取締役となったプロフェッショナルの公認会計士です。
過去には大学講師として監査論などのテーマにもとづき講義を行なうなどの実績を持ち、現在においても数多くの大手企業主催のセミナー講師を務めるなど、盛んな活動を行っています。
そんな代表取締役の経営理念とは、長期における顧客との良好な関係づくりを目指す「LONG・TERM・GOOD・RELATION」。
そのためにより良いサービスを提供するための日々の努力、ニーズに合わせたサービスの提案・構築、社員ひとりひとりを積極的に育成する取組みを執り行っています。
コーポレートアドバイザーズではこの理念に基づき、顧客ひとりひとりの需要に丁寧に応えるべく日々サービス向上につとめているのです。

M&Aに関するセミナーを多数開催!コーポレートアドバイザーズ

数多くあるコーポレートアドバイザーズの事業内容のひとつにM&Aアドバイザリー業務があります。
経験・実績ともに豊富なM&Aアドバイザーが、企業の合併や買収についての仲介役や相談役を担うだけではなく、公認会計士、税理士、社会保険労務士と連携をとり、より円滑で柔軟な対応をしています。

また定期的に「オーナー企業の経営戦略としてのM&A」をテーマにしたM&Aサミットが開催されており、講師陣にベンチャー企業のCEOや大学教授、弁護士を招いての講義を行っています。
この他にも経営者やビジネスリーダー向けの勉強会や、海外進出のためのセミナーなど数多くのセミナーが開催されています。
このようにコーポレートアドバイザーズではM&Aに関する最新の情報や経営戦略のノウハウを積極的に情報を発信していくことによって、顧客のニーズにただ応えるだけではなく、専門的な分野においての知識の幅を広げていくサポートも同時に行っているのです。

Comments are closed.