礼拝を中心に行われる関東学院高等学校の年間行事

礼拝を中心に行われる関東学院高等学校の年間行事

横浜パブテスト神学校から始まった関東学院高等学校では、日頃から礼拝を大切にしていて、学年ごとに週2階の朝の礼拝があり毎月1回の合同礼拝では教会や聖書に関係したテーマをもって中学校・高校それぞれに行われています。
年間行事でも季節ごとに礼拝が行われ、関東学院高等学校の先生方や牧師の方などのお話を聞く機会もあります。
4月の入学や始業の頃から夏にかけてはイースター礼拝や平和祈願礼拝などがあり、10月の関東学院高等学校創立記念日のある秋から冬に向けては収穫を祝う感謝祭礼拝や、12月にはクリスマス礼拝が行われるなど年間を通してさまざまな喜びや感謝に触れることができます。
クリスマスシーズンには文化祭や来賓の方々を招いてクリスマスツリーの点灯式・キャンドルライトサービスなども行われます。
関東学院高等学校では年間行事と平行して学期ごとの中間試験や期末試験・補修授業などで学力の定着を図り、校外学習や社会科見学でさまざまな体験ができる環境作りをしています。

Comments are closed.