チョークを使うボルダリングに臨む心得とオリンピックへの期待

チョークを使うボルダリングに臨む心得とオリンピックへの期待

多くの人々の間で近年急激なブームにさえなって来たボルダリング。
自分の身を壁や岩場に預け、自分の体力と技術を信じて登り切った時の達成感はたまりません。
より自分に合ったクライミングシューズとチョークの使い方で、自分のクライミングをどんどんレベルアップ出来ます。
仲間と確保(ビレー)しあいながら楽しむのもよし、また一人で楽しむのもよし、手軽に始められるスポーツという事もあって、最近では公園や幼稚園の中にまで壁が設置され、まさに次世代スポーツとしての期待が寄せられています。
しかし、いくら高性能なクライミングシューズを用意しても、いくら高性能なチョークを使っても、ボルダリングは怪我が付き物のスポーツです。
その怪我の責任はあくまで自分持ちだという事を忘れてはなりません。
屋内の壁であっても、野外の岩場であっても、トライするのが自分なら、その結果も自分にかかると心得て臨む必要があります。
そしてボルダリングは2020年に開催される東京オリンピックの追加種目に選ばれ、正式決定を待っています。

Comments are closed.